2012年02月08日

お揃い(^^ )ルン♪

みんなお揃いっ顔(笑)揺れるハート
牛柄?の首輪3つにリード1個を
つくっちゃいましたぁ〜〜〜るんるんるんるん

CIMG4547.JPG CIMG4533.JPG
CIMG4538.JPG CIMG4535.JPG

トム君のはフェルトちくちくの中に鈴を入れて丸くした物を
付けてみたのだけど、鈴がならないので別に鈴を
また付けました←意味無し?
思ったよりもめんこく出来たからリードもう1本つくろっと顔(イヒヒ)

今日は早速これらをつけて散歩犬(足)犬(足)
今日はわんSよりもリードが輝いて見えた(笑)

そして、私毎ですが去年の4月に釧路に来てすぐに
『子宮頸がん』になり、5段階の5で、詳しく言えば
stageTb2期という感じで発見され、病院に行った
時には既に大量の不正出血があり症状がありました。
あれから抗がん剤をやり、髪の毛が抜けて坊主になり、
検査、入院、9時間にも及ぶ手術と3ヶ月が
怒涛のように過ぎていきました。
手術後の細胞検査では悪い物がなく、運良く退院後に
抗がん剤をする事は真逃れ驚異的な復活を遂げている
訳ですが。。。沢山辛い事や痛い事や悲しい事も
ありましたが、反面、初めての大病&入院で楽しんでいる
自分がいたり。。(^^ゞ
何が大切で何を大事にしなくてはいけないのか。。
色々な事に気付かされ勉強になりました。

気がつけば嫌な事は全て終わり退院になり
会いたくて会いたくて会いたかった小春ともまた一緒に
過ごす事ができ、健康である事・家で家族と生活出来る事・
好きな物が食べれる事・自由に動ける事・全てに感謝する
ようになりました(〃∇〃)
あれから半年。。。2ヶ月に1度外来受診しているのですが、
今日、病院で半年たったのでそろそろCTしましょう。と
お話があり、そっかぁ〜〜完治した訳じゃなく、こうやって
定期的にガンが転移していないか検査があるのかぁ〜と
自分が病気だった事をすっかり忘れていました。。
何でもないと思うけど、歳をとると病気はつきものだと実感。。

みなさん、子宮頸がんは検診で予防できます。。
私のように怠慢で検診を受けていなかったばっかりに
初期の段階ならこんなに痛い思いをしなくてもよかったし
家族に心配させる事もなかったと後悔しています(TロT)
病院にかかればお金も莫大にかかりますし、
精神的にも不安がたくさんつきまといます。

がん検診、行ってください(・-・*)
自分のようにならない為にも。。。

ニックネーム 小春まま at 17:20| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今晩は〜!お元気ですか?
今度CT検査するとのことで
無事であることを祈っています。
私はこの間めまいがしてすぐCT検査
影が見つかりすぐMR取り転移性の
脳腫瘍と分かり6日放射線手術を受て
来ました!1日の入院で済みましたがチビたちの事が気がかりでした(笑)
やはり家族だ…♪ね!
Posted by 旭川のレンママ at 2012年02月08日 23:26
旭川のレンママさん>経過、あまりよくないですか?
放射線手術って1日で退院出来るんですか?
病気は自分ではどうにもならない所が歯がゆいですよね。。がんばるといっても痛いの我慢するとか辛いのをごまかす位で、出来る事なら病気の事は忘れたいですよね(TロT)
そんな中でもわんこを見るだけで心が少しだけ元気になるのはどうしてでしょうね(^^ゞ
できるだけ病院ではなく家で過ごしたいと思ったのは私だけでしょうか。。ふらふら
Posted by 小春まま at 2012年02月09日 00:08
小春ママさん こんばんは。
子宮頸ガン・・・患ってたのですね。
私は4年前に子宮頸ガンの手前の異型性IIIaになりました。
子宮頸ガンになる恐れと戦い3ヶ月毎の検診を受け、IIaやIIIaを繰り返し、Iになった時は本当に安堵しました。

去年、同期が乳がんになり、抗がん剤治療をして髪がほとんど抜け、最後は手術をして取り切りました。1年間の闘病生活を経て、短い髪が伸びた彼女を見た時には涙が出そうになりました。

小春ママさん、闘病生活頑張ったんですね。
そしてまたワンズと暮らせる幸せを味わってるんですね。
定期検査、頑張って下さい!きっと大丈夫ですよ!信じています。
Posted by ジョンママ at 2012年02月09日 19:16
ジョンママさん>そうなんですよねぇ〜
私も3年前にたまたま検査する機会があり、その時にVbで定期的に検査してと言われたのだけど、その頃は病気を甘くみてて大丈夫でしょ。。と自分判断で検診行ってなくて3年後。。。蓋をあけてみればガンでした。

お友達さん、手術で取り切れて良かったです♪
一時預かりをするきっかけをくれたのが、病気になって命の大切さを再認識し、自分に出来る事。。と思ったのがきっかけだったので今となっては意味のある事だったと思っています。
Posted by 小春まま at 2012年02月09日 21:26